タチオンTOP > エリアガイドTOP > 昭島市 > 公共機関・団体 > 史跡・遺産 > 八高線列車衝突事故
はちこうせんれっしゃしょうとつじこ

八高線列車衝突事故

TEL 
昭島市宮沢町八高線橋梁 
八高線列車衝突事故[1] 八高線列車衝突事故[2] 八高線列車衝突事故[3] 八高線列車衝突事故[4] 八高線列車衝突事故[5]

八高線列車衝突事故


太平洋戦争終戦からわずか9日目の昭和20年(1945年)8月24日朝7:40頃、八高線小宮駅拝島駅間の多摩川鉄橋上において、上り下りの旅客列車が正面衝突し、少なくとも105名の方々が衝突による衝撃、あるいは多摩川の濁流に飲み込まれ死亡するという大惨事が発生した。

日本鉄道史上でも有数の大事故であったと言われている。

救助には地域の警防団(現在の消防団)や住民が当たった。

この事故は折からの豪雨の中で発生したもので、犠牲者の多くは終戦とともに故郷に向かっていた復員兵や疎開先から自宅へ帰る人達だった。

鉄橋付近から発見された二対の車輪は衝突車両のものと思われ、事故を後世に伝えるために平成16年に設置した。


八高線小宮駅  拝島駅

八高線列車衝突事故(ウィキペディア)



多摩川沿い自然散策(西から東へ)

  啓明学園北泉寮  拝島自然公園

  アキシマクジラ出土地  八高線列車衝突事故

  あきしま水辺の楽校  大神公園  

  多摩川緑地くじら運動公園


昭島市内の神社・仏閣・史跡

昭島市内の公園・散歩道

昭島市内の駅・公共交通



記載事項が変更になっている場合もあります。お出かけの際には必ず施設へご確認下さい。
名 前 八高線列車衝突事故 はちこうせんれっしゃしょうとつじこ 
住 所 昭島市宮沢町八高線橋梁 MAP
TEL   
FAX  
URL  
定休日  
営業時間  
交通案内 八高線拝島駅と小宮駅間、多摩川を渡る橋梁 
その他  
ページトップ