タチオンTOP > エリアガイドTOP > 調布市 > 公共機関・団体 > 史跡・遺産 > 近藤勇の生家跡

近藤勇の生家跡

TEL 0424-81-7656
調布市野水1-6-8 
近藤勇の生家跡[1] 近藤勇の生家跡[2] 近藤勇の生家跡[3] 近藤勇の生家跡[4]
新選組局長・近藤勇が生まれ育った場所。全ては、ここからはじまった。

新選組局長・近藤勇は、1834年(天保5年)に武州多摩郡上石原村(現在の調布市)に住む富農・宮川久次郎の三男として生まれた。幼名を勝五郎という。大河ドラマ「新選組!」のなかで、「かっちゃん」と呼ばれているのはこのため。車の往来が激しい人見街道沿いにある生家跡には、現在でも勇が生まれたときに産湯を沸かすために使われた古井戸と、昭和に入って建てられた近藤神社が残されている。勇は多感な青年時代を、この地で過ごした。

周囲には「近藤勇誕生の地」「誠」など、新選組のふるさとをアピールする幟(のぼり)が立てられており、行き交う人々も足を止めて見物していた。余談だが、すぐ近くには調布飛行場がある。着陸体制に入った飛行機が、頭上をかすめて横切る姿は圧巻だ。ここまで接近して飛行中の飛行機を見れる場所は、そうないのではないだろうか。近藤勇の生家解体の理由が、飛行機の離着陸の安全確保のためと言われるが、この場所へ来るとうなづける。

タチカワオンライン 新選組より
記載事項が変更になっている場合もあります。お出かけの際には必ず施設へご確認下さい。
名 前 近藤勇の生家跡
住 所 調布市野水1-6-8 MAP
TEL 0424-81-7656 (調布市郷土博物館) 
FAX  
URL http://www.tachikawaonline.jp/shinsengumi/001.htm 
定休日 見学自由 
営業時間  
交通案内 西武多摩川線多磨駅から徒歩15分 
その他  
ページトップ