タチオンTOP > エリアガイドTOP > 日野市 > 公共機関・団体 > 美術館・博物館 > 土方歳三資料館
ひじかたとしぞうしりょうかん

土方歳三資料館

TEL 042-581-1493
日野市石田2-1-3 
土方歳三資料館[1] 土方歳三資料館[2] 土方歳三資料館[3]
土方歳三資料館 多摩の英雄伝を今に伝える、新選組ファンの聖地。


新選組副長・土方歳三の育った家は、改築されて資料館になっている。館長は、土方歳三の実兄・喜六から数えて5代目の土方佑さんの奥様・陽子さん。娘の愛さんとともに、新選組や土方歳三にまつわる歴史資料の展示や、講演会などを行なう資料館が運営されており、月2回の開館日には新選組ファンで賑わっている。新選組や土方歳三に関する質問にも答えてもらえるので、あなたの疑問もぶつけてみてはいかがだろうか?

歳三が生まれた当時、こちらの生家は多摩川のそばにあったのだが、川の氾濫により建物の一部が流されてしまい、現在の土地に移設された。現在の建物は、1990年に市の区画整理で改築する必要ができたために、かつてのお屋敷で使われていた柱や梁を用いて資料館として一室を設けたもの。入口脇には現在でも、歳三が「吾壮年武人となって名を天下に上げん」と誓って植えたとされる矢竹が繁殖しており、今なお、彼の「武士になる!」という強い意志を伝えている。


土方歳三資料館を訪れたら、帰りがけにぜひ周辺を散策してみて欲しい。「とうかん森」や市内を縦横に流れる用水路など、幼年の歳三が遊びまわったと言われる風景のカケラを見つけることができるはずだ。そして、感じて欲しい。この多摩の土地を、確かに近藤勇や土方歳三、沖田総司、井上源三郎といった、歴史に名を刻む英雄たちが駆け回っていたのだということを。時代の流れに飲み込まれまいと、自らの信じた道を貫き通した誠の武士たちがいたのだということを。

タチカワオンライン 新選組と行く より抜粋

記載事項が変更になっている場合もあります。お出かけの際には必ず施設へご確認下さい。
名 前 土方歳三資料館 ひじかたとしぞうしりょうかん 
住 所 日野市石田2-1-3 MAP
TEL 042-581-1493  
FAX  
URL http://www.hijikata-toshizo.jp/ 
定休日 不定期 
営業時間 毎月第1、第3日曜日:午前11時〜午後5時 必ず確認を 
交通案内 多摩都市モノレール万願寺駅より徒歩2分、京王線「高幡不動」駅より徒歩18分 ※専用駐車場が資料館裏手に4台分ある。満車の場合は近隣の方にご迷惑となるので、必ず有料駐車場を利用との事。 
その他  
ページトップ