タチオンTOP > エリアガイドTOP > 小金井市 > 公共機関・団体 > 美術館・博物館 > 中村研一記念 小金井市立はけの森美術館
なかむらけんいちきねん こがねいしりつ はけのもりびじゅつかん

中村研一記念 小金井市立はけの森美術館

TEL 042-384-9800
小金井市中町1-11-3 
中村研一記念 小金井市立はけの森美術館[1] 中村研一記念 小金井市立はけの森美術館[2] 中村研一記念 小金井市立はけの森美術館[3] 中村研一記念 小金井市立はけの森美術館[4] 中村研一記念 小金井市立はけの森美術館[5]

もとは画家・中村研一の住居、アトリエがあった場所


JR中央線武蔵小金井駅南口から、市内を走るCOCOバス中町循環に乗って「美術館前」で下車。歩いて15分、または西武多摩川線新小金井駅から歩いて15分のところに中村研一記念小金井市立はけの森美術館があります。中村研一は戦後この地に移り住み、亡くなるまでここで絵を描き続けました。


■画家・中村研一について
1895年に福岡県で生まれた中村研一は、油絵で花などの静物、風景、女性などを多く描いた画家です。パリへ留学し、帰国後は日展など宮展系で活躍しました。戦時中は海軍や陸軍からの委嘱のもと戦争記録画を制作、なかでもコタ・バル(東京国立近代美術館)はその代表作として名高い。また、陶芸など絵画以外の作品も残しています。1967年、72歳で亡くなりました。


■なりたち
中村研一が亡くなって22年後の1989年に、中村研一記念美術館として開館しました。個人の美術館として15年ひらかれていましたが、小金井市へ寄贈。改修などを経て、2006年春に、「中村研一記念 小金井市立はけの森美術館」としてオープンしました。
「はけ」とは、地元の人の古くからの言い方で、市内を横切る国分寺崖線の段丘にそって、あちこちから水が湧き出ているこのあたりの地形を指しています。この武蔵野の自然が残る「はけの森」の中に、美術館は建っています。


多摩のミュージアムガイド
小金井市立 はけの森美術館
東京国立近代美術館


多摩武蔵野ウォーキングガイド
小説『武蔵野夫人』の舞台、はけの森と湧水を巡る秋の紅葉ウォーキング


エリアガイド−小金井市の美術館・博物館


記載事項が変更になっている場合もあります。お出かけの際には必ず施設へご確認下さい。
名 前 中村研一記念 小金井市立はけの森美術館 なかむらけんいちきねん こがねいしりつ はけのもりびじゅつかん 
住 所 小金井市中町1-11-3 MAP
TEL 042-384-9800  
FAX  
URL http://www.city.koganei.lg.jp/guide/hakenomori/ 
定休日 月曜日(休日と重なるときは翌日) 
営業時間 10:00〜17:00 
交通案内  
その他 入館料:一般200円、小中学生100円、未就学児および障害者手帳をお持ちの方は無料です。企画展は別。 
ページトップ