タチオンTOP > エリアガイドTOP > 小平市 > 公共機関・団体 > 美術館・博物館 > GAS MUSEUM (がす資料館)
がす みゅーじあむ (がす しりょうかん)

GAS MUSEUM (がす資料館)

TEL 042-342-1715
小平市大沼町2-590 
GAS MUSEUM (がす資料館)[1] GAS MUSEUM (がす資料館)[2] GAS MUSEUM (がす資料館)[3] GAS MUSEUM (がす資料館)[4] GAS MUSEUM (がす資料館)[5]

明治期から現代まで、親しまれるガスの生活を歴史的に知る


明治5年、横浜に初めてガス灯が点ってから、約130年。ガスは今なお、人々の生活には欠かせないものの一つとなっています。 最初は明かりとして使われていたガスも、熱としての利用で普及しています。
がす資料館では、歴史を追いながらガスのある生活、風俗を紹介しています。


■なりたち
もともと東京ガスの厚生施設だったこの地。昭和42年、ガス関連の古い資料を保存するため、本郷にあった営業所の建物を移設・復元したのがはじまりです。
がす資料館には2つの建物がありますが、「ガス灯館」は、一番古く確認された、大正初期の図面を元に復元した建物です。
そして昭和52年、千住にあったガスの工場を移設する前に調査し、再現した建物が「くらし館」です。
どちらも関東大震災、第二次世界大戦をくぐりぬけた貴重なレンガづくりの建築物です。


■ガス灯館
ガス灯館の1階では、明治期に始まったガスの黎明期をパネルやアニメーションで紹介しています。
日本のガスは、横浜の実業家である高島嘉右衛門とフランスの技術者であるアンリ・プレグランによって、明治5年に横浜で使われ始めました。 その2年後、明治7年に東京の浜松町(金杉橋)〜京橋にガス灯が設置され、夜の町に明かりが点りました。
当時イルミネーションの代わりに「花ガス」が用いられたり、建物にガスのランプがあったり、と明かりとしてガスは使われていました。


多摩のミュージアムガイド
GAS MUSEUM(がす資料館)


エリアガイド−小平市にある美術館・博物館


エリアガイド−小平市内の駅・公共交通


記載事項が変更になっている場合もあります。お出かけの際には必ず施設へご確認下さい。
名 前 GAS MUSEUM (がす資料館) がす みゅーじあむ (がす しりょうかん) 
住 所 小平市大沼町2-590 MAP
TEL 042-342-1715  
FAX  
URL http://www.tokyo-gas.co.jp/gas_museum/ 
定休日 月曜日(祝日に当たるときはその翌日)、年末年始 
営業時間 午前10時〜午後5時(入館は4時まで) 
交通案内 西武新宿線「小平駅」下車北口徒歩20分・西武バス 西武池袋線東久留米駅西口発(錦城高校経由) JR中央線武蔵小金井駅行(西武新宿線花小金井駅入口より 錦城高校経由 東久留米駅行)「ガスミュージアム入口」下車 
その他  
ページトップ