タチオンTOP > エリアガイドTOP > 狛江市 > 文化・宗教・冠婚葬祭 > 神社 > 伊豆美神社
いずみじんじゃ

伊豆美神社

TEL 03−3489−8105
狛江市中和泉3−21−8 
伊豆美神社[1]
宇多天皇の御代、寛平元年(889年)9月20日、現在の元和泉2丁目(現在、末社の水神社がある場所)に府中の六所宮(大国魂神社)の分霊を祀り、「六所宮」の名で奉斎されたのが始まり。天文19年(1550年)、多摩川の洪水のため、現在の境内に移された。明治元年(1868年)には、社号を地名の「和泉(いずみ)」に因んで伊豆美神社と改称。同16年(1883)郷社に昇格する。

参道にある高さ2.65mという小さな石の鳥居は、慶安4年(1651年)、この地を領した徳川家の旗本石谷清定の三男貞清が寄進したもの。貞清は寛永15年(1638年)、九州島原の乱鎮圧の副使を務め、慶安4年(1651年)に江戸北町奉行に就任した直後、由井正雪の慶安事件に加担した丸橋忠弥らを江戸で逮捕した。鳥居はこの事件の3ヶ月前に寄進されたもので、武蔵国(現在の埼玉県と東京都の隅田川以東、神奈川県北東部)では最も古い石の鳥居とされ、市指定文化財となっている。

お社の参道に並ぶ左右21個の石は、山王二十一社(山王一実神道)を祀ったことから始まったもの。この石をなで、その手で病に冒されているところをなでると癒されるという。

昭和37年には神楽殿を建立。境内はケヤキ、イチョウ、アラカシ、クスノキ、シラカシ等の大木が生い茂る大きな森に包まれている。普段から参拝に訪れる地元民も多い。

祭神は大国魂大神、ご利益は無病息災、家内安全、縁結びなど人の暮らしにまつわる全般。大晦日は11時ごろから、初詣の人が本殿前の参道に並び始め、元旦0時より3時まで、神酒、甘酒、お茶が振舞われる。

多摩の洪水や狛江の空襲、時代の流れをくぐり抜けて残り、大切にされてきた杜。故郷に帰るように訪れてみたい。
記載事項が変更になっている場合もあります。お出かけの際には必ず施設へご確認下さい。
名 前 伊豆美神社 いずみじんじゃ 
住 所 狛江市中和泉3−21−8 MAP
TEL 03−3489−8105  
FAX  
URL http://www.tachikawaonline.jp/local/omairi/index3.htm#izumi 
定休日  
営業時間  
交通案内 小田急線/狛江駅より徒歩7分小田急バス多摩川住宅行き/南泉停留所下車徒歩1分 
その他 ご祭神 大國魂大神 ご利益 無病息災・家内安全・商売繁盛・病気平癒・良縁祈願・縁結び・子宝・子受け・福徳円満  
ページトップ